MHL

MHL: Liberty Mutual の式による荷物取り扱い許容限界計算ソフト

手作業での荷物の上げ下ろし、荷物の運搬、台車の押し引きの荷物質量や操作力評価するためのソフトです。Potvinらによって開発されたLiberty Mutual の式(LM-MMH)は、SnookとCirielloのTablesに新たな論文のデータを追加して作成された推定式です。

Liberty Mutualの式についての解説資料はこちらです。

ダウンロードリンク

ソフトの説明

更新履歴

2023-09-09
・Liberty Mutual Tablesの解説資料に基づき、デフォルトの受容率を50%から75%に変更
2023-08-22
・各条件のスケールファクターを表示するように修正
・持ち上げでハンドルの持ちやすさのスケールファクターを利用可能にした。
2023-07-25 ver.0.3
・管理サイトをErgo4MFG.comに変更。
・ソフトのインストールフォルダを、従来のSeoLabからErgo4MFGに変更。
・ソフトのバージョン番号に日付を併記するように変更。
・コンパイラをVS2022に変更。バージョン番号も0.3に変更。
2022-01-16 ver.0.20
・初版リリース
・保存機能はなし

文献

[1] Jim R. Potvin, Vincent M. Ciriello, Stover H. Snook, Wayne S. Maynard and George E. Brogmus, “The Liberty Mutual manual materials handling (LM-MMH) equations”, Ergonomics, 64, 8, pp.955-970,2021, doi: 10.1080/00140139.2021.1891297
[2] Snook, S.H., “The design of manual handling tasks”, Ergonomics, 21, 12, pp.963-985, 1978, doi: 10.1080/00140137808931804.
[3] Snook, S.H. and V.M. Ciriello, “The design of manual handling tasks: revised tables of maximum acceptable weights and forces”, Ergonomics, 34, 9, pp.1197-1213, 1991, doi: 10.1080/00140139108964855.